織田信長(染谷将太)の化け物退治、その真相は!?

尾張の織田家に嫁いだ帰蝶(川口春奈)だが、婿の信長は祝言に不在。帰蝶は気分を害するが翌朝、領民のために化け物退治をしていたと不在を謝罪され、信長を見直す。その後、信長と帰蝶は、織田家当主信秀(高橋克典)と妻・土田御前(檀れい)に面会。婚儀による尾張と美濃の同盟成立に、信秀は上機嫌だったが、信長が祝いにと差し出した品を見て、表情が一変し――

こちらが第9話の導入部分になる。

今回の目玉は、やはり第8話に引き続き信長だろう。第8話では、信長の既存イメージが一新された驚きがあった。信長といわれて、誰もがまず思い浮かべる、恐ろしさを伴った強烈なインパクトの片鱗は、第8話の信長からは、まったく感じられない。

だが、やはり従来のイメージとは違うのだけれど、この第9話の信長からは、得体のしれないサイコパス的な恐ろしさが感じられた。

戦国時代は、文字通り戦乱の時代だ。だから、現代とは、殺人の感覚は大きく異なるし、戦国武将ともなれば、なおさらだ。それでも、人を殺すとなれば、たとえそれが名誉となる行為であっても、相応に厳粛な心持ちになるだろうし、精神的な重圧もあるはず。

だが、この信長は、ごくあたりまえに人を殺して、その後も自然体で、笑ったり拗ねたりしてしまえる。このあたり、第二話の美濃防衛戦で侍大将の首を取る活躍の後、こんなことが武士の誉かと思い悩んだ明智光秀(長谷川博己)とは、まったく真逆だ。

両者の、この差異こそが、本能寺の変につながる、最大の原因になるのかもしれない。

さて次回は、後に徳川家康となる、いまだ幼い松平竹千代(岩田琉聖)をとりまく物語になる様子。今川家と織田家の争いの渦中で、人質である竹千代が、光秀や信長とどう関わっていくのか、気になるところ。

余談になるけれど、竹千代の父・松平広忠(浅利陽介)の扱い、もう少しどうにかならなかったのかなあ。第8話の最後に初登場して、第9話序盤に退場って、瞬殺すぎませんか? 
せめて次回、竹千代が回想くらいしてくれることを祈りたい。

今から観るには:NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』

基本情報:NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』第9話

  • タイトル 麒麟がくる
  • チャンネル NHK総合/BS/BS 4K
  • 番組公式サイトトップ番組紹介あらすじ登場人物相関図
  • 放送日時(第9話): NHK総合 2020年3月15日(日)20:00〜20:45 / NHK BSプレミアム 18:00~18:45 / NHK BS 4K 9:00~9:45
  • 出演
    • 明智光秀(十兵衛):長谷川博己
    • 明智光安(光秀の叔父):西村まさ彦
    • 牧(まき、光秀の母):石川さゆり
    • 藤田伝吾(明智家の家臣):徳重聡
    • 煕子(美濃の土豪妻木氏の娘、光秀の正室):木村文乃
    • 斎藤道三(利政、美濃の守護代):本木雅弘
    • 深芳野(道三の側室):南果歩
    • 帰蝶(濃姫、道三の娘):川口春奈
    • 斎藤高政(義龍、道三の長男):伊藤英明
    • 土岐頼芸(美濃の守護):尾美としのり
    • 稲葉良通(一鉄、道三の有力家臣):村田雄浩
    • 織田信秀(織田信長の父):高橋克典
    • 土田御前(信秀の継室、信長の母):檀れい
    • 織田信長(信秀の嫡男):染谷将太
    • 平手政秀(織田家の家臣):上杉祥三
    • 藤吉郎(尾張の最下層農民、のちの秀吉):佐々木蔵之介
    • 望月東庵(医者):堺正章
    • 駒(望月東庵の助手):門脇麦
    • 松永久秀(戦国大名、三好長慶の家臣):吉田鋼太郎
    • 足利義輝(第13代将軍):向井理
    • 三淵藤英(足利将軍奉公衆):谷原章介
    • 細川藤孝(足利将軍奉公衆):眞島秀和
    • 足利義昭(室町幕府最後の将軍):滝藤賢一
    • 今川義元(東海最強の戦国大名):片岡愛之助
    • 太原雪斎(今川義元の軍師):伊吹吾郎
    • 伊呂波太夫(旅芸人一座の女座長):尾野真千子
    • 菊丸(三河出身の農民):岡村隆史