クライミングの日本代表選考に潜むグレーゾーンにシロクロ!

スピードクライミングの日本代表選手・宮澤沙奈恵(秋元才加)が、出場を辞退。沙奈恵の練習中、誰かがロープを切り、彼女を殺そうとしたのだという。Mr.ノーコンプライアンス/佐島源造(佐藤二朗)は、飼育員さんこと森嶋直輝(横浜流星)に調べるよう指示。直輝は川田レン(清野菜名)の精神を操作し、ミスパンダとなったレンと共に、調査を開始する。

調べるのがクライミングに関わるグレーゾーンだけに、ミスパンダもクライミングを披露してくれて、その様子がまた可愛い。いつも身軽でアクロバティックなアクションで魅せてくれるけれど、今回はまた飛び回り具合が半端なかった。

シロクロつける事件のほうは、今回もさっくりと気持ちよく解決。だが、レンと直輝の置かれた状況は、じわじわ不穏な雰囲気になっていく。

このドラマ、主人公ふたりの周囲に、腹に一物ありそうな人物がやたらと多い。佐島はもとより、レンの治療を行う精神科医・門田明宏(山崎樹範)は、最初から怪しさ満載だったし、一見いい人そうなレンの親代わり・加賀春男(升毅)も徐々に怪しい気配を見せはじめた。さらには、テレビディレクターの神代一樹(要潤)も、ミスパンダの裏にいる直輝の存在に気付きはじめている。

そしてそもそも、主人公のひとり・直輝にしてからが、現段階でレンを勝手に操り、佐島とのつきあい方も何やら怪しくて、誠実な人物とは言い切れない。裏のある人間が多すぎて、なんというか、爽快感あるお話のわりに、安心して見ていられる場面が、思いのほか少ないのだ。

レンは直輝に思いを寄せ始め、ミスパンダも飼育員さんを信頼しきっている。レンと直輝の甘いシーンは素敵で、ミスパンダと飼育員さんのやりとりも可愛くカッコいいのだけれど、こうしたシーンにさえも、蜃気楼のような儚さを感じてしまう。

第3話では、レンについての、とある重要な秘密も提示されたし、今後も不穏さはマシマシになっていきそう。主人公たちの重いドラマもじっくり見たいけれど、願わくば、最終回まで、スッキリさせてくれる娯楽作品としての爽快感のほうも、キープしてほしいなあ(超破滅的な展開になりそうで、不安なのですよね)。

今から観るには:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

  • 最新話:TVer(無料、次回のオンエア時刻まで)
  • 第1話〜最新話: Hulu(フールー)(月額993円+税、無料トライアル期間、最新話見逃し無料などあり)

基本情報:読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」#02

  • タイトル: シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
  • チャンネル: 日本テレビ系列
  • 番組公式サイト: トップ イントロダクション ストーリー 相関図 キャスト・スタッフ
  • 番組公式ツイート: Twitter@shirokuro_drama
  • 放送日時(#03): 2020年1月26日(日)22:30〜23:25
  • 出演:
    • 川田 レン(ミスパンダ/囲碁棋士):清野菜名
    • 森島 直輝(メンタリスト、大学生):横浜流星
    • 神代 一樹(全日テレビ・ディレクター):要潤
    • 佐島 あずさ(全日テレビ・記者):白石聖
    • 伊藤 健人(全日テレビ・AD):坂東龍汰
    • 飯田 兼一(全日テレビ・チーフプロデューサー):福田転球
    • 田中 三太(全日テレビ・プロデューサー):永山たかし
    • 門田 明宏(レンの精神科主治医):山崎樹範
    • 加賀 春男(囲碁喫茶店主):升毅
    • 加賀 佳恵(春男の妻):椿鬼奴
    • 東山 楓(囲碁棋士):吉田美月喜
    • 菊池 勘平(囲碁喫茶の常連客):水澤紳吾
    • 中島 きよし(囲碁喫茶の常連客):松浦祐也
    • 小林 孝雄(囲碁喫茶の常連客):スチール哲平
    • 並木 しげる(囲碁喫茶の常連客):浅見小四郎
    • 小園 武史(直輝の学友):中田圭祐
    • 前川 雪乃(直輝の学友):祷キララ
    • 川田 麻衣子(レンの母):山口紗弥加
    • Mr.ノーコンプライアンス(法務大臣):佐藤二朗