「明智光秀=主君である信長を討った裏切り者」
……というのが、ごく一般的な世間の評価ではないだろうか。

その明智光秀を描くのが、2020年度大河ドラマ「麒麟がくる」だ。

だが、この第一話には、光秀個人に対する、そうしたネガティブな要素は、ほとんどない。戦乱の世を熱く、真摯に憂う、爽やかな青年として描かれている。もちろん、主君を討った裏切り者というのは、信長や、その後継となった秀吉ら、天下人サイドからの見方でしかないから、光秀サイドから見るならば、事態は全く違ってくるのは当然だろう。

初回放送は、天下人視点のフィルターを通さない光秀の、行動を決定づけてゆくことになる、初期衝動、原点が、いっぱいに詰まった一時間になっていた。

冒頭では、美濃の国、明智の領地へ略奪に来た野盗との激しい戦いが描かれる。アクション的な意味合いだけでも、見ごたえ十分なのだけれど、その一戦の中に光秀の、自身の国・美濃を守りたいという強い思い、さらに鉄砲という武器に与えられたファーストインパクトから、世の広さを痛感、見聞欲を深めていく様子が描かれている。この1シーンだけでも、惹きこまれてしまう強さのある、素晴らしい導入だった。

だが、それだけでは終わらない。鉄砲を求めに堺を目指す光秀は、旅の中で、戦乱の世の悲惨さを目にしてゆく。また偶然から、畿内の実力者・松永久秀(吉田鋼太郎)や、将軍家家臣・三淵藤英(谷原章介)との知己も得ることに。

そして、京の都で盗賊が引き起こした火災現場に立ち会ったことから、タイトル「麒麟がくる」の由来ともなるエピソードが描かれるのだが、このエピソードについては、ぜひドラマの中で確認していただきたい。

大河の第一話というと、子役が主役の物語前日譚といったパターンが多いが、「麒麟がくる」は、青年期からのスタートだったお陰で、光秀という人間の輪郭がより、くっきりとした内容になっていた。

今年は五輪や、キャストの騒動等、様々な事情で、全体の話数が減らされているから、もしかしたら苦肉の策で、子役部分を省いたのかもしれないけれど、これは正解だったと思う(子役からのスタートって、可愛くてほっこりはできるのですが、この話、本当に必要? って思うときもあるのですよね……)。

さて、次回は、明智家の仕える、後の斎藤道三である斎藤利政(本木雅弘)と、信長の父・織田信秀(高橋克典)の合戦が描かれる模様。明智光秀は、若い頃の記録が少ない人物だから、当分はフィクションの余地も多いはず。旅から帰還した光秀が、この合戦にどう関わっていくのか、今回の大河オリジナルの部分を楽しみにしながら、待ちたいと思う。

今から観るには:NHK 大河ドラマ「麒麟がくる」

基本情報:NHK 大河ドラマ「麒麟がくる」第1話

  • タイトル 麒麟がくる
  • チャンネル NHK総合/BS/BS 4K
  • 番組公式サイトトップ番組紹介あらすじ登場人物相関図
  • 放送日時(第1話):NHK総合 2020年1月19日(日)20:00〜20:45 / NHK BSプレミアム 18:00~18:45 / NHK BS 4K 9:00~9:45
  • 出演
    • 明智光秀(十兵衛):長谷川博己
    • 明智光安(光秀の叔父):西村まさ彦
    • 牧(まき、光秀の母):石川さゆり
    • 藤田伝吾(明智家の家臣):徳重聡
    • 煕子(美濃の土豪妻木氏の娘、光秀の正室):木村文乃
    • 斎藤道三(利政、美濃の守護代):本木雅弘
    • 深芳野(道三の側室):南果歩
    • 帰蝶(濃姫、道三の娘):川口春奈
    • 斎藤高政(義龍、道三の長男):伊藤英明
    • 土岐頼芸(美濃の守護):尾美としのり
    • 稲葉良通(一鉄、道三の有力家臣):村田雄浩
    • 織田信秀(織田信長の父):高橋克典
    • 土田御前(信秀の継室、信長の母):檀れい
    • 織田信長(信秀の嫡男):染谷将太
    • 平手政秀(織田家の家臣):上杉祥三
    • 藤吉郎(尾張の最下層農民、のちの秀吉):佐々木蔵之介
    • 望月東庵(医者):堺正章
    • 駒(望月東庵の助手):門脇麦
    • 松永久秀(戦国大名、三好長慶の家臣):吉田鋼太郎
    • 足利義輝(第13代将軍):向井理
    • 三淵藤英(足利将軍奉公衆):谷原章介
    • 細川藤孝(足利将軍奉公衆):眞島秀和
    • 足利義昭(室町幕府最後の将軍):滝藤賢一
    • 今川義元(東海最強の戦国大名):片岡愛之助
    • 太原雪斎(今川義元の軍師):伊吹吾郎
    • 伊呂波太夫(旅芸人一座の女座長):尾野真千子
    • 菊丸(三河出身の農民):岡村隆史